無添加化粧品についての情報でーす。

本当に安全な無添加化粧品ってあるの?


無添加化粧品というと、何か肌に良さそうな安全なイメージを消費者は抱きますが、具体的にどういったものかは多くの人があまり理解していないのが現状です。
そういった点もよく知っておく必要があります。
まず、「無添加」という言葉をそのまま捉えるなら、添加物が一切入っていないという意味かと想像しますが、実際はそうではない場合もあります。
2001年3月までは厚生省によって、アレルギーなどの皮膚障害をおこすおそれのある成分、として102種類の表示指定成分が定められており、この成分が含まれない化粧品が「無添加化粧品」と言われました。
その後、指定成分という取り決めがなくなり、配合されている全ての成分を明記すること、と改められその枠組みはなくなりましたが、現在でもその名残でそういった旧指定成分の含まれない化粧品が無添加化粧品と呼ばれているというわけです。
つまり、無添加、といっても、旧指定成分以外の添加物は含まれる可能性がある、ということです。

どうやって安全な無添加化粧品を選べばいいのか?

こういった経緯もあり、最近ではそれらの指定成分が入っていないこと以外に、さらに、香料や着色料、防腐剤、合成界面活性剤や合成ポリマー、アルコールやオイルが含まれていないことを特に前面に強調している化粧品も増えてきています。
もちろん、言葉の通り、無添加で化学的なものからではなく自然成分のみで作られ、成分を抽出する植物も無農薬で作るというこだわりまである、いわゆるオーガニック化粧品なども存在します。
一口に無添加と言っても様々で、迷うこともあるでしょう。
しかし、逆に言えば、敏感肌であったりアトピー肌などである人はより肌に刺激の少ないものを、オイリー肌であったりアルコールに弱い人はそれらが含まれないものを、など、それらをよく吟味すれば自分により合った化粧品を以前より探しやすくなった、とも考えられます。
成分や説明をよく読み、試供品などを利用して自分好みの化粧品を探すのも一つの手段であると言えます。